ニュース

ニュース記事一覧

日本銀行、驚くべき年収

 日本銀行とは、日本の中央銀行であり、市中の銀行にお金を貸し出している銀行です。 政権交代して与党が自民党になったことで、この日本銀行の総裁が任期満了を待たずして、交代することになりました。 新しい日本銀行総裁は68歳、副総裁は70歳、理事は59歳です。 ちなみに日本銀行総裁の給料は、日本経済が好調...

≫続きを読む

55歳からの転職先の探し方

 2013年3月12日に国家公務員の55歳以上の昇給を、原則停止する給与法改正案が閣議決定されました。この法改正案は国家公務員の55歳以上の給与が民間と比べると高いことから決定されたものですが、その内容は勤務評価が標準以下であれば昇給はなく、勤務評価が良い場合は昇給額を現在の半分から3分の1に抑える...

≫続きを読む

ミドル世代が転職するために

 あなたが55歳という年齢に達したとき、新たに仕事を一から学び直すことはできますか?  日本経済の転換期となったいまの時代に、求められている人材とは、臨機応変に新しい環境に飛び込める柔軟な人材です。成熟産業から成長産業へ雇用の流動化を計るため、政府の産業競争力会議では、雇用制度改革が話し合われており...

≫続きを読む

第一次産業への転職も可能性のひとつ

 ある年齢を過ぎてから転職をしようとすると、その年齢に求められることは限られてきます。 例えば技術力は基礎の能力に加えて数々の経験によって向上し、蓄積しますから、ある程度の年齢になっているからこそ臨機応変に対応できることも多数あると考えられます。 また経験で培ったマネジメント力もそのひとつで、年齢が...

≫続きを読む

55歳からの転職は技術が物を言う

  日本の技術は世界最高峰だと言われています。その日本で技術者として働いていれば、そうとうな好条件での転職も充分に可能であるという例があります。 日本の55歳の技術者が海外メーカーのサムスンなどに現在の1.5倍の収入を約束されて転職し、元の日本メーカーに再雇用されたという話があります。 これは例外的...

≫続きを読む

10年後も存続している業界を選ぶことが大事

 2013年4月2日から高年齢者雇用安定法が改正され、希望者は65歳まで働けるようになりました。そのため今55歳のサラリーマンが転職した場合には、同じ会社であと10年は働けるわけです。ただその場合にはその会社が10年後も、存続しているという前提になります。 55歳という年齢を考えると転職した会社が倒...

≫続きを読む

ブラック労働者にならなければ、五十代から転職は難しくない

 五十代から転職を考えている人は、企業側からの視点で自分を見つめなおしてみるというのも大切なことです。採用活動をしている企業人は、転職者をどのように見ているのでしょうか?ブラック労働者の条件 BLOGOSによれば、ブラック労働者をふるい落とす作業が採用活動なのだそうです。ブラック企業はよく耳にします...

≫続きを読む

大学から転職を余儀なくされた55歳の元教授

 以前にソニーの追い出し部屋のことがマスコミで報道され話題になりましたが、追い出し部屋は民間企業だけの話しではなくどうやら大学にも存在するようです。現在55歳の谷口富士夫さんは昨年の夏まで、名古屋女子大学で文学部教授として教鞭をとっていました。 その谷口さんが2011年6月に大学の法人本部から呼び出...

≫続きを読む

55歳で早期退職?転職?定年まで待つ?

 定年まではまだ時間があり、しかし余裕ももてるほどの時間がない55歳。ITproに3300人の54〜56歳を調査した結果が報告されていますので、他の人たちがどのような社会人生活を送っているのかを見てみましょう。転職、退職は胸先三寸 ITproによると、この年代になると早期退職をする同年代が多くなって...

≫続きを読む

過去の常識や考え方が通用しない時代

過去の常識や考え方が通用しない時代 政権が交代して安倍氏が首相に就任してほぼ1年になりますが、経済政策「アベノミクス」の効果もあり日本経済は回復の兆しを見せ始めました。それを受けて安倍首相が経済連など企業へ対して、従業員のベースアップを要請しました。トヨタ自動車など円安で業績を大幅に改善している、日...

≫続きを読む

中高年の転職に求められるもの

中高年の転職に求められるもの 中高年の転職先が、若年者(本文では、30代以下と定義します)より全体的に減少していくのは、一般社員の数より管理職者の数の方が少ない、ということからも見当がつきます。 その上、自己都合ではなく会社都合で、それも寝耳に水の状態で、いきなり解雇されることが割合として多いのが中...

≫続きを読む

社会経験を活かしたコミュニケーションで営業

社会経験を活かしたコミュニケーションで営業 中高年の人が仕事探しをするとき、「年齢不問」「中高年歓迎」というフレーズに飛びつくことも多いのではないでしょうか。しかも、月収30万円以上などとあれば安堵の気持ちが出るかもしれません。概ね、こうした求人は営業職であることが多いようで、基本給が保証されていて...

≫続きを読む

身近なニーズを見つけて仕事探し

身近なニーズを見つけて仕事探し 団塊世代が大量に定年を迎え始めた2007年。金融業界や流通業界は大きなお金が動くと期待を寄せましたが、実際は定年延長やリーマンショックなどによって期待外れに終わりました。けれど総務省の統計によると、2011年には55歳以上の消費額が100兆円を突破していますから、やは...

≫続きを読む

50代の転職で大事な天職

50代の転職で大事な天職 リクルートワークス研究所の「ワーキングパーソン調査2010」で、一生やりたいと思う仕事を決めているかという質問に対して、「イエス」と回答したのは全体の44.9%でした。 年齢別にみると18〜24が30.0%と最も低く、最も高かったのは50〜59歳の55.7%でした。この調査...

≫続きを読む

50歳からの転職を有利に進める方法

50歳からの転職を有利に進める方法 2014年1月、ダイヤモンド・オンラインで「50歳になっても他業種へ転職できる人の条件」という記事が掲載されていました。50歳からの転職を考えるとき、ほとんどの人が専門スキルが活かせる同業種での求人探しを行います。 ですが、仕事で培われたスキルやノウハウは、異業種...

≫続きを読む

50代の仕事探しはアクティブに!

50代の仕事探しはアクティブに! ヘッドハンターが関わった、転職者の平均年齢が「50代前半」という、興味深い記事があります。これは外資系企業の求人なので、日系企業も同様とは言い切れないのですが、少なくとも外資系では、若さが基準にはならないことがわかります。 では、企業側の採用基準は何かというと、生活...

≫続きを読む

高齢者の転職は視野をひろく持つ方がうまくいく時代

高齢者の転職は視野をひろく持つ方がうまくいく時代 高齢者の転職といえば年齢的なものを考慮して内向きになることも多いものです。また、求人自体も若年層にくらべると非常に少なく高齢者にとって転職は容易なものではありませんでした。 しかし、最近は視野をひろげさえすれば何とかなりそうなケースもでてきたようです...

≫続きを読む

転職者全般への参考情報 こんな転職エージェントさんもいます

転職者全般への参考情報 こんな転職エージェントさんもいます 筆者は、2011年に現職に転職し、2014年から現在にいたるまで、半年から1年くらいの少し、長いスパンで考えて、転職活動をしていますが、改めて、転職エージェントさんの担うべき機能は非常に重要だなと改めて、痛感しています。(個別の転職機会を追...

≫続きを読む


トップ リクナビNEXT 転職相談