面接での印象が最重要

面接での印象が最重要記事一覧

55歳の転職活動と面接のマナー

入室から着席までの間で採否が決定するって本当?! 面接のマナーですが、面接室に呼ばれて入室してから、採用担当にお辞儀をして挨拶をして、薦められた椅子に着席する・・・この間で採否の50%以上が決まってしまうという転職指導のプロもいます。 怖いですね。面接本番では常に「笑顔」を心がけましょう。“何をしゃ...

≫続きを読む

55歳の転職活動と面接対策

新聞の「経済面」を毎日読もう 採用担当は面接の最中にしばしば「今は○○というニュースが話題になっているけど、○○という件についてあなたはどうお考えになりますか?」という質問をしてくることがあります。 本番で慌てふためかなくて済むように、経済面だけは毎日よく読むことを心がけましょう。「社会面」や「政治...

≫続きを読む

面接でやってしまいがちな失敗例

遅刻をしてしまう人 毎日通っている場所であれば、遅刻することもないのかもしれません。しかし、面接となると初めてその会社に行くことになるはずなので、いろいろと見誤り、遅刻してしまうケースも少なくはないようです。 交通手段と所要時間を事前に確認しておいてください。交通機関が乱れたとしても約束の時間に到着...

≫続きを読む

転職での給与交渉のタイミングと交渉術とは?

転職時に給与交渉するのはアリ?ナシ? お金というのはとても大事。それは仕事を生きがいにし、やりたいことをやりたい!と思っている人でも例外ではないはずです。そうなると考えなければならなくなるのが、転職時の給与の交渉です。「転職する時に、給与交渉をするのはアリかナシか」と悩んでいるのであれば、そこは迷わ...

≫続きを読む

55歳の転職希望者こそ必要な面接後のお礼状

55歳の転職希望者は、面接後のお礼状は必要?不必要? 55歳になり定年まで後残り僅か…近年では、年金問題の関係で定年退職が65歳まで引き上げられているところもあるみたいですが、今なお60歳定年としているところもあるそうで、定年の概念が無い芸能界や自営業などのような特殊な仕事形態を持つ職でない限り、大...

≫続きを読む

会社の奥の方を確認できる質問を面接時に繰り出すべきです

社会貢献や社会との繋がり 会社の表面的な部分というのは、面接を受けなくても企業研究を行うことで知ることができます。面接を受け、実際にその会社の社員と接しなければわからないことを質問しなければ会社の奥の方を知ることはできませんし、質問をする意味もありません。 会社の役割として、どう社会貢献をしているの...

≫続きを読む


トップ リクナビNEXT 転職相談