55歳から転職しやすい求人サイト特集

50代の方に選ばれた2つの転職サイト

リクナビNEXT [50歳以上利用者数No1]
バナー
リクナビNEXTは、転職・就職業界最大手の企業リクルートが運営している、転職者向けに特化した求人情報サイトです。リクナビNEXTの特徴の一つとして「50代〜60代を対象とした転職情報も扱っている」というものがあります。他の転職サイトではなかなか扱わない中高年向けの転職情報が随時一定数用意されているリクナビNEXTは、55歳以上の転職希望者の方にとって、情報面で強い味方となってくれる事でしょう。



最大の特徴はスカウト機能!

あなたのこれまでの経歴をレジュメ登録すると、企業の採用担当者や転職エージェントからあなたの情報を検索できるようになります。(といっても、あなた個人を特定できる情報は公開されません)
あなたに興味をもった企業からスカウトメールが届く可能性も。さらには、あなたがどれだけ企業からチェックされたか、その注目度をランキングとして表示する機能もあります。あなた自身にどれだけ転職市場価値があるのかを推測する手段としても有効です。

それでは実際にリクナビNEXTを利用して転職活動を行っている方、転職を成功させた方の口コミをご紹介しましょう。

リクナビNEXTを初めて利用する方へ

-リクナビNEXTを使いこなす為の4つの鉄則-
利用者のクチコミ

ただ求人を見るだけならどのサイトを使っても変わりません。せっかく無料なのだから会員専用の機能を利用すべきでしょう。同年代がどの程度転職活動しているかなど、あまり知ることのない情報まで手にすることが出来ますからね。会員登録も1分程度の簡単なものですから、まずは体感すべきです。

レジュメ登録を行うと自分自身がどれだけ企業側から検索されたかがわかるのは面白い。回数が増えれば増えるほど、私に興味を持った採用担当者がいるということだから自信に繋がる。注目度ランキングもあるから、自分の値踏みによいのでは?

リクナビNEXTは転職情報に特化しているので、自分の今までの経験や、培ってきたスキルを活かすことの出来る案件・求人が揃っている。55歳という年齢を「経験豊かな人材」として武器に出来るのは、リクナビNEXTならならではだろう。

リクナビNEXTは、匿名レジュメを登録することでスカウトを待つという方法が採れるのが良い。特に55歳を超えてくると、自分のスキルや経験が、現在の転職市場でその程度の価値を持つのかを把握することが大切になるが、リクナビNEXTはその点を毎月レポートで確認できるので心強い。

リクナビNEXTでは、自分の年齢や希望職種を登録しておくと、その条件に合致した案件が出た時に求人情報や説明会情報が届くため、効率よく転職情報を収集できる。特に、55歳を過ぎると、他の若い年代よりも求人数は減ってくるため、このサービスは非常にありがたい。

私がリクナビNEXTを使ってみて思ったことは、求人の数が他よりも圧倒的に多いことです。それにもかかわらず、気になる求人を見つけにくいということがありません。これは、自分に合った企業を探しやすい仕組みになっていることと、それだけ気になる求人、つまり、素晴らしい企業が多く集まっているからと言えるのではないでしょうか。面接で落ちてしまった企業もありますが、なんとか希望以上の企業へと転職を果たすことが実現しました。

何度も応募をしても落ち続けてしまう日々が続き、転職を諦めようと思っていた時に、リクナビNEXTに出会いました。これまでは求人情報誌しか使っていなかったのですが、この転職サイトを使って、だいぶ転職活動の質自体が良くなったように感じます。「天活悩み相談」という記事も読み、なぜ応募しても落ち続けてしまうのか、その原因を見つけることもできました。これがなかったら転職はできなかったかもしれません。

好条件の転職先は、こうした転職サイトを利用しても探し出すのは難しいと思っていたのですが、それを良い意味で裏切られた感があります。リクナビNEXTには好条件・高待遇の求人案件が集まっていますね。当初考えていた条件を上回る案件が山ほどあり、しかも、私の場合は運良くそうした企業からスカウトもいただくことができました。スカウト機能も使ってみるもんです。使い方も簡単でしたし結果もついてきましたし、言うことは何もありません。

55歳を超えての転職ともなると、まず情報数が絶対的に足りないし、ハローワークなどで苦労して条件に合う求人を見つけても、応募したらカラ求人だったなんてことも少なくない。しかし、リクナビNEXTであれば50代〜60代を対象とした実のある求人がいつでも一定数確認出来るのが嬉しい。

リクナビNEXTのサイト自体は良くできていると思うんですけど、スカウトサービスは、それほどでもないですかね。オファーを出す企業も適当にと言ったら失礼かもしれませんが、でもそのような形でオファーを出しているのだと思います。私のところにも何社もオファーをくれましたけど、本気度が高いものはほとんどありませんでした。でも、本気度が高いように思わせるんです。途中で少し萎えてしまいましたね。


ビズリーチ [エグゼクティブ層向け転職]
 ビズリーチは、ハイクラスの求職者専用に日本で初めて作られた有料会員制転職サイトになっています。

 会員はもちろんの事、利用企業、求人情報のすべてに審査を行う事で、より品質の高いサービスを提供する事ができる、そんな、転職サイトになっているのです。

 求人内容としては、他では見つけることの出来ないような、省庁・自治体・NPOと連携した管理職募集などもあり、ハイクラスの転職先を見つける事ができるようになっています。

利用者のクチコミ

55歳を過ぎてからの転職だったため、一人で就職活動をしている時は、年齢を理由に書類選考すら通過出来ない日々が続いていました。しかし、ビズリーチに登録し、プロのアドバイサーに相談したところ、履歴書の書き方から面談の折衝まで親身に対応してもらえ、転職に明るい未来と希望を感じることができるようになりました。

ハローワークなどで求人検索しても、50代〜60代の案件は非常に少なく、強い不安を感じる毎日だったが、ビズリーチの会員になった後は、定期的にエージェントから求人情報を提供してもらえるため心強い。また、リクナビNEXTなどでは見ることの出来ない非公開案件も提供してもらえるメリットはかなり大きいと言えそうだ。

ビズリーチに登録すると、プロの転職アドバイザーが無料で相談にのってくれるし、転職プラン作りにも協力してくれる。このサービスは、転職を検討している段階の人におすすめ。

どこもかしこも無料で求人を提供する中、ビズリーチは有料だったのでためらいが大きかったのですが、ハイクラスの転職を目指していたため登録しました。まず驚いたのは、そこで出会ったヘッドハンターのクオリティでした。意識が高く懇切丁寧、一緒に働きたいと思えるほどでした。そんな人にマッチングしてもらった企業も申し分なし。他の転職エージェントを使っていた時間が勿体無いと感じたほどです。

私はお金を払って仕事探しをするつもりまではなく、ビズリーチではスタンダード会員として利用。それでも公募の求人を閲覧することはできるし、応募も可能。プラチナスカウトと呼ばれるスカウトも受け取ることができ、非常に充実した転職活動期間を過ごせた。プレミアム会員になったらどれほど良いサービスが受けられるのかは知らないが、私は無料のスタンダード会員で十分だった。

求人の数自体は他の有名な転職エージェントと比べてもそんなに多くないと思うんですよ。でもやっぱり質が違いますよね、全体的に。私個人が触れた企業だけでも待遇は平均をはるかに上回っていましたから。もっと驚いたことは、私でもそのような企業に転職できてしまったこと。55歳超えてるんですよ。これまでの苦労が報われたという感じですかね。懸命に働いてきた中高年層にはおすすめですよ。

ビズリーチのヘッドハンターは、こちらの要望や希望を客観的に判断し、最も適していると思われる求人情報を提供してくれる。このサービスは、50代〜60代といった人生経験やスキルが豊かな人間にとってありがたいものである反面、情報が「提供されるもの」のため、選択肢が制限される可能性があることに注意したい。

非常にたくさんの求職者を抱えているのはわかるのですが、少しヘッドハンターの対応に難を感じざるを得ません。見切られるのが早いというか。何人かのヘッドハンターとお会いしましたが、8割方はそうした態度の人でした。裏を返せば、残りのヘッドハンターの対応はまずまずでしたので、そういう意味では利用価値が全くないとは言えません。ヘッドハンターの見極めと相性が重要でしょう。



キャリアカーバー [高年収帯向けのエージェント]
リクナビNEXT、リクルートエージェントでお馴染みのリクルート社が新たに始めた、高所得者向けのエージェントサービス

掲載されてある求人は年収650万から1000万超まで、高年収帯に絞ったものを掲載。所属するキャリアコンサルタントも経験豊富なベテランのみを揃えており、リクルート社の本気が伺えるエージェントサービスです。

もちろん登録・利用ともに完全無料。


マイナビエージェント [マイナビが送るエージェントサービス]
リクルートエージェントが万能型ならマイナビエージェントは特化型の転職エージェントサービス。いくつかの業界に絞って専門のコンサルタントを用意することで、より質の高い転職サポートを提供できるようにしています。満足度96.4%という高い数値からも、その質の高さが伺えます。

50代転職希望者に読んでもらいたいおすすめ特集


55歳の方が使いやすい転職サイト

 55歳の方がもし海外で働きたいと思うのであれば当然ですが、海外に拠点を持っている日系会社や工場の求人案件を持っている転職支援サイトを選ばないといけません。その点では約8,000社の約53,900件の求人案件数のうち、約48,500件が非公開の求人案件を持っているリクルートエージェントがおすすめです。

 

 特に生産管理や工場生産などの仕事の経験がある方であれば、海外への転職も夢ではありません。経験豊富なリクルートエージェントのキャリアアドバイザーがあなたの経験やスキルを的確に理解して、最も適した転職先を探してくれるはずです。

 

 

55歳の転職に必要なものとは

 55歳での転職と言えば早期優遇退職制度を利用し、退職金の割り増しを受けて定年を待たず退職したサラリーマンも多いと思います。なかには会社の倒産や肩叩きに遭い、泣く泣く転職を余儀なくされた方もいるかもしれません。いずれにしても55歳という年齢は、人生のラストスパートをしないといけない時期です。昔とは違って55歳はまだまだ若く、枯れるような年齢ではありません。これからの人生を左右する、大事な年齢でもあります。もう子供たちも学校を卒業して働いているし、家のローンもだいたい終わる時期です。

 

 そのため55歳の転職に必要なこととは、これからの人生を考えて転職をすべきです。ひとつの選択肢として海外で、仕事をするのもアリかもしれません。海外で活躍しているシニアの方はたくさんいます。語学の心配をされる方もいるかもしれませんが、日系の会社や工場などではだいたい日本語を喋れるスタッフや通訳を雇っています。転職支援サイトにはそんな海外の日系会社や工場の求人案件がたくさんあります。


トップ リクナビNEXT 転職相談